任意整理を勉強して借金を完全返済!借金返済のためのマニュアル!!

任意整理による借金返済の情報サイト『PayOffMaster』

違法な借金の取り立てについて

借金は作らないに越したことはないのですが、人によっては事業展開や起業の際に多くのお金が必要になります。
上のような理由があり借金をしていて、返済期日までに借金の返済が出来ずに、返済する金額が滞りだすと、貸金業者などから連日催促がくるようになります。
取立ての初めは、物腰柔らかくソフトな感じで借金の返済を求めてきますが、それでも返済が出来ない場合には、頻繁に電話がかかってきたり、内容証明郵便による督促や訪問による取立てが行なわれるようになります。
中には貸金業者が取り立て専門の業者を雇い精神的に追い詰めるような取立てを繰り返してきます。
よくテレビなどでみる借金の取立てと違い、実際の取立ては恐怖以外の何者でもありません。
本当に精神的に追い詰める感じですが、上手く返済できる様に廃人手前ギリギリのラインまで追い詰めてきます。
ですが両者の立場を公平に見ると、このような取り立てや督促を行なうのは、お金を貸す業者から考えれば貸したお金を返して貰えないと仕事として成り立たずに最終手段を取らざるを得ない訳で、当たり前のことでしょう。
そう考えると、一般的に考えても、借金の返済が出来ていない場合は、借りた人にも責任があるので、ある程度は、仕方ないでしょう。
貸金業者が問題ではなく、借金の返済が出来ない人にも問題や責任はあると思います。
最近ではどこも返済能力を診断する手法が取られているので貸金業者も誰にでも貸すと言うことはやらなくなりました(ですが、銀行以上の審査ではないので働いていれば誰でも借りれるのが現状)。

しかし、借りた人が借金の返済が出来ないからと言って、貸金業者はどのような取り立て行為をしても良いのかと言うと、そうではありません。
多くの貸金業者などからの借金の取り立て方法については、法律上、貸金業規制法という法律で細かく規定が設けられています。
この法律の原則として、貸金業規制法の範囲内で、借金の取り立てや督促などを行なう必要があります。

貸金業者はこの貸金業規制法に違反した場合には、厳しい罰則があり、罰金や刑罰・業務停止などの処分になります。
だからと言ってお金を借りた方は安心してはいけません、借りた貸金業者が例え業務停止受けても借金はなくなりません、その借金はその貸金業者の大元にリストがまわるので今以上の取立て屋が来ることが想定できます。
大元ともなるとプロで法律を使った取立てを使い、身動きが取れないくらいの状態で借金を返済することになります。

違法な借金の取り立て貸金業規正法について

上記の項を踏まえ、ここで貸金業規制法について、少し説明しておきたいと思います。
法律で決められている貸金業規制法は、なにも、借金の取り立て方法のみについて
規制をしている法律ではないのです。
この貸金業規制法では、貸金業を営んでいる者がその規定を守り営業を行なう必要がある法律で、お金を貸す時の契約の内容から完済後に至るまで全て細かく規定詳細されています。
この為、貸金業規制法と言うのは、権力的立場の弱いお金を借りる側の人を守る為の法律でもあります。

違法な借金の取り立て方法について

さて、実際に貸金業規制法などに違反する取り立て、取り立て業者による借金の取り立て方法について見ていきたいと思います。
今正にその様な状況になりそうな方には参考になると思いますので是非目を通しておいて下さい。
ここでは全体を例として想定し実体験報告をトレースして具体的に、どのようなケースなら貸金業規制法に違反するか参考にして頂ければと思います。

借金の取り立てを行なう時間

実際に借金の取り立てを行ってくる場合には、お金を借りた人が居る時間帯がその時間だけなど正当な理由が無い場合には、夜は午後9時以降、朝は午前8時以前に、取り立ての電話連絡したり、電報を送ったり、取り立て訪問をしたりしてはいけないようになっています。
また、上記以外の時間でも不適当な時間帯には、電話で連絡したり、電報を送ったり、訪問をしたりしてはいけないように法律上はなっています。
時間帯を貸金業者が無視し違反した場合には、一定の刑罰に処せられる事になります。

pickup

余分な通信料をカットすることにより圧倒的なコスト削減をお約束します。

通話料 削減

ブランド買取・貴金属高価買取なら宝石広場

シャネル プルミエール 買取

これからダイビングをはじめるかた必見!大阪で選ばれている理由があります!

ダイビング 大阪

Last update:2017/8/18

CopyRight 2008 PayOffMaster Allrightreserved